2019/09/30 14:15




今回の旅は、自分をしっかり内観できる、
できた旅でした。
 
起きた出来事(詳しくはアメブロで)に意味付けしているのは自分自身なんだと言うことが、
帰国して時間が経てばたつほど
文字に起こす作業をすればするほど
実感されていきます。
  
ずっと行ってみたかったスコットランドの大自然は 
動画だけでは伝わらないとは思いますが・・
 
ただそこにあるだけで美くしく、
立っているだけで五感が研ぎ澄まされ、
一体感でき、
「これがグラウンディングしている」
と言う感覚を実感できました。
 
セドナでもグラウンディングしているという感覚は実感できたのですが、
 
セドナが陽(男性性)だとしたら
スカイ島は陰(女性性)のエネルギー。
 
そんな感じです。
  
なのに
そこから離れ、行動した際に起こる
ちっぽけなハプニングに出くわした際の自分自身の動揺。
そして、そこで起きた事に対する意味付け。
 (詳しくはアメブロで)
まるで(大自然という)親元から離れ、
一人暮らしを始めた子供が
他人から非難されて、落ち込んだり腹が立ったり
事故って途方に暮れたり、大事な物を無くして騒いだり・・
 
大の大人が・・
 
私って 弱っ・・
 
 
 でも、人生って形は違えど
ある程度似たようなアクシデントやプレッシャーの
繰り返しなんですよね。
 
 
結局『ちゃんと守られていた』事に気付けた事や、
本当の意味での人の優しさに触れられたのも
アクシデントが起きたからこそ。
 
 
勉強になりました。
 
 
そして、また行きたいです。